結婚式の前撮りって?撮影のコツや期間、費用相場まで大特集!

前撮り 料金相場 メリット・デメリット 

 

結婚式といえば写真撮影は基本事項のようですが、今は挙式前に撮ってしまう「前撮り」というスタイルを選ぶ人もかなり増えています。

 

しんぷちゃん
でも、お金とかかかって面倒くさかったりしないの~・・・?

 

そんなふうに悩んでいるあなたに、今回は「前撮り」のメリット・デメリットや相場・おすすめの撮影スタジオまで詳しく解説します。

 


スポンサードリンク

結婚式の「前撮り」ってなに?

結婚式 前撮り 意味

 

前撮りとは、式・披露宴の当日以前に挙式衣装やお着物などの晴れ姿で写真撮影をすることです。

 

しんぷちゃん
実際・・・式当日はさまざまな準備やイベントがあって、落ち着いて写真撮影できる機会はあまりないんです!;

 

でも前撮りならゆったりリラックスして、きれいな写真を時間をかけて撮ることができます。

 

前撮りには式場のプランを利用して挙式会場や当日衣装をそのまま使って式場専属カメラマンに撮ってもらうスタイルと、式場とは関係なく別業者に依頼してスタジオやロケで自由に撮影を行うスタイルの2種類がありどちらを選ぶかは自由です。

 

前撮りするなら式場カメラマン? 別撮り?

 

結婚式場にはたいてい専属カメラマン(式場提携業者)がいて、おそらく初期見積もりの段階で式場内での専属カメラマンによる事前撮影が提案されるでしょう。

 

これが式場での前撮りです。当日の会場となる場で撮影でき、式時の衣装やメイクを忠実に再現できる点がメリットとなります。

 

多くの場合で費用は別業者と比べると高めとなり撮影カット数も限定されますが、パッケージプランや特典次第ではお得な場合もあるでしょう。

 

MEMO
式場の前撮りプランを利用するなら衣装合わせやヘアメイクリハーサルと兼ねると効率的です、どのような流れでの撮影が可能なのか事前に式場プランナーに相談しておくといいでしょう。

 

 

前撮りを式場に注文せず外注カメラマンやフォトスタジオに依頼することもできて、それは「別撮り」と呼ばれます。

 

別撮りによる前撮りだと、比較的安価な料金プランから選べて撮影内容の自由度も高くなります。

 

しんぷちゃん
オシャレなスタジオでの撮影や、気に入った衣装やロケーションでの撮影・アルバム作りなどできるのが「別撮り」の大きな特長です!

 

別撮りの場合の「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の違いについて

 

別撮りでの前撮りの場合、一般的に「スタジオ撮影」「ロケーション撮影」から撮影方法を選ぶことになるでしょう。

 

スタジオ撮影は室内で行うため撮影日を天候に左右されず、安定した仕上がりの美しい写真が残せます。

 

逆にロケーション撮影は主に屋外で行う前撮りで、美しい背景や思い出の場所での自由な撮影が可能です。

 

MEMO

式会場内でのロケーション撮影を別業者に委託する際は、式場プランナー撮影業者双方に相談し許可をもらいましょう。

撮影許可やカメラマン持ち込み料・スタッフ派遣費用等がどうなるのか、それぞれに確認する流れとなります。

 

「フォトウェディング」との違いも知っておこう!

 

「フォトウェディング」とは挙式や披露宴を行わずに記念撮影をメインとする結婚式のスタイルの一つで、式は挙げないけれど記念写真は残したい・花嫁衣装は着たいというニーズに応えた新しいウェディングプランです。

 

しんぷちゃん
おふたりきり、もしくは近しい家族や友人だけ呼んで記念撮影と会食だけ行うなどシンプルなカタチで結婚をお祝いするものです

 

「前撮り」というと事前撮影というイメージが強いですが、式や披露宴を行わないカップルでも前撮りサービスをフォトウェディングとして行うことも可能になります。

 

結婚式の前撮りのメリットデメリット

前撮り メリット・デメリット

 

しんぷちゃん
前撮りの一番のメリットは、当日の慌ただしさや緊張感のない中で落ち着いて撮影にのぞめることです♪

 

依頼先や撮影プランにもよりますが、好きな衣装やロケーションを選べたり自由度が高い点も大きいでしょう。また式とは関係なく、撮影自体が“記念すべきおふたりの思い出のイベント”にもなるのも前撮りの魅力の一つです。

 

メリット

 

・落ち着いた環境でゆっくりたっぷり撮影できる

・式当日には着ない衣装、選ぶ際に迷った衣装での撮影ができる

・特定のロケーション・好みの季節・式場のいたるところで撮影ができる

・撮った写真を式や披露宴のアイテムやムービー演出に活用できる

・酔っていない状態で撮影ができる

・衣装合わせやヘアメイクリハーサルを兼ねることができる

 

デメリット

 

・凝れば凝るほど費用が増していく

・撮影時間のスケジュール確保が必要になる

・スタジオ等の所在地が限定される

 

前撮りを頼む際のポイント

前撮り 決めるポイント

 

前撮りすることを決めたら次に、

衣装 (和装か洋装か、着たい衣装はあるか、何着着たいのか、持ち込みをするか……)

ロケーション (当日のチャペル等での撮影有無、スタジオ撮影orロケ撮影か、希望のロケーションがあるか……)

撮影データの活用の有無 (当日のアイテムや演出に活用するか、アルバム等はつくるか……)

予算とスケジュール調整

・・・などをある程度想定してどこに依頼するか考えていきましょう、希望の条件によってマッチする業者は変わってきます。

 

前撮りはいつ頃から考えたらいい?

 

当日と同じ衣装で式場内で撮影したいときは、その衣装が決定してから式場のプランに従うながれになります。

 

式まで1ヶ月を切ると何かと忙しくなってくるため、季節が合えば式の2・3ヶ月前に前撮りするようにしましょう。

 

逆に、別撮りで衣装もその場で借りてスタジオ撮影をする場合は特に時期は問いません。お好みの季節・ロケーションに合う都合のよいタイミングで撮影すればいいでしょう。

 

しんぷちゃん
撮影した写真をウェルカムボードやペーパーアイテム・ムービー演出にも使いたいなら、発注に素材がまにあうように撮りましょう!

 

前撮りにおける衣装・ヘアメイク、ロケポイントについて

 

式当日には着られない衣装での撮影も前撮りの楽しみの一つです、衣装ラインナップも業者選びの重要ポイントでしょう。

 

衣装や小物の持ち込み、メイクや着付けスタッフについてもあらかじめ確認しておくのがおすすめです。

 

衣装やヘアメイクスタッフは式場で借りて撮影は別会社に頼む場合は、衣装の持ち出し料金やスタッフの出張費が必要になります。

 

MEMO
扱っているロケポイントも業者によって様々なので、お好みのポイントでの撮影が可能かどうかの確認を事前にしておきましょう。

 

カット数・データの受け渡し

 

業者やプラン内容によって、撮影のカット数・基本料金に含まれる受け渡しデータ数がかなり変わってきます。

 

カット数が多いほど当然多くの撮影ができ、お気に入りの一枚を見つけやすくなります。

 

注意
料金がデータ込でない場合は欲しいデータが多いほど追加料金が増えてしまうので、目的に合ったプラン選びが重要です。

 

前撮り費用の相場

 

費用ははっきり言ってピンキリです、式場やスタジオの料金体系やオプションによって全然変わってきます。

 

かける費用の平均相場は5~15万円前後とされていますが、平日撮影なら5千円からというところもあればロケーションにこだわって30~50万円かける人もいます。

 

料金のシステムがカット数なのか時間制なのか、衣装やアイテム・着つけ代・メイク代は基本料金内なのか別料金なのか、スタジオ撮影とロケーション撮影での差額はどれくらいあるのか・・・など費用に関して確認すべき点は多いでしょう。

 

しんぷちゃん
基本料金だけじゃなく、オプションや撮影内容・撮影枚数・持ち込みの可否・追加料金の有無などしっかり下調べしておきましょう!

 

2019年最新!結婚式向けで人気のおすすめ前撮りスタジオ1+10

前撮り スタジオ おすすめ

 

前撮りサービスを行っている写真スタジオはかなりたくさんあるため、いざ選ぶとなるときっと目移りして悩むと思います。

 

そこで今回は最後に、都内を中心とした国内の人気・有名ウェディングフォトスタジオを厳選して紹介します。

 

しんぷちゃん
スタジオによって撮影スタイルやプランがかなり違うので、見比べてスタジオ選びの参考にしてください!

 

ハナユメフォト(関東・東海・京都・沖縄)

ハナユメフォト

© 2019 Ateam Brides Inc.

公式サイト:https://hana-yume.net/photo/landing/

 

CMや中吊り広告でも有名なハナユメが提供するブライダルフォトは、フォトウェディングとしてだけでなく前撮り・後撮りとしても利用できます。

 

事前打ち合わせは全国のハナユメウェディングデスクで無料相談が可能。こだわりたい衣装やポーズの選択は、申し込み後にウェブで打ち合わせできるのでゆっくり選べて安心です。

 

MEMO
衣装・小物・ヘアメイクなどがすべてセットになっていて料金体系がわかりやすいのもメリットです。

 

 

 

スタジオアクア (表参道・新宿・浅草・横浜/竹芝・富士・鎌倉)

 

 

1年間に30,000人の花嫁から選ばれるという人気のフォトウェディング専門スタジオ。

 

スタジオ撮影・ロケーション撮影ともにプランが多彩で平日プライスがリーズナブルなのが特長です、衣装・ハウススタジオ・ローケーションスポット・フォトグラファー・ヘアメイクなどのスタッフも充実しています。

 

MEMO
運営会社のDE&Co.は、スタジオTVB ・スタジオエイト・スタジオソラ・スタジオAN・スタジオSUNSなど全国各地に展開しています。

 

ONESTYLE (表参道・横浜・那覇)

 

 

ウェディング写真は「残す」だけじゃなく「楽しむ」もの! というコンセプトのウェディングフォトスタジオです。

 

担当フォトプランナーが撮影に関わる全てに対応してプランニングしてくれて、スタイリスト・フォトグラファーはおふたりの「らしさ」を最大限に引き出してくれます。

 

MEMO
公園・庭園・チャペル・洋館・ハウススタジオなど個性的で豊富な撮影ロケーションが魅力のスタジオです。

 

SWITCH (表参道・横浜・梅田・京都・札幌・鹿児島)

 

 

「自由でふたりらしく幸せを感じて頂けるフォトウェディングを叶えてほしい」という想いのフォトスタジオ。

 

一軒家ハウススタジオやチャペルを貸切った撮影が人気で、自由に動き回って色々なシーンの写真を撮りたい方におすすめです。

 

MEMO
全てのプランを「データお渡し」、トレンドに合わせた素敵な撮影アイテムも無料レンタル可能です。

 

エンジェルスタジオ (新宿)

 

 

新宿のドレスショップHANAのフォト専門スタジオ、衣装専門店だからできる「時間内・衣装着放題」が一番のウリです。

 

写真撮影用ではない高品質なドレスや和装を十分に楽しめるので、衣装にこだわりたい方におすすめです。

 

もちろん、ヘアメイクや撮影も万全のおもてなしと確かな技術で徹底サポートしてくれます。

 

ワタベウェディング (新宿・目黒・芝公園ほか全国多数)

 

 

全国各地に店舗を持ち、国内での撮影はもちろん海外ロケーション撮影にも対応しています。

 

スタジオ・ロケーションともに各種撮影プランが豊富で、衣装やアイテムも充実。料金体系がわかりやすいのもポイントです。

 

オーソドックスなプランが多いですが、安心感がありリーズナブルなところが持ち味といえるでしょう。

 

CLAIREブライダルスタジオ (表参道・仙台ほか多数)

 

 

「ブライダルフォトは、家族写真の一枚目。」をコンセプトに、アットホームな雰囲気とリーズナブルな価格が好評なスタジオです。

 

家族や友達・ペットとの撮影もOK。衣装やグッズの持ち込みも無料で、大切な人や思い出の品々と一緒に記念の一枚を残せます。

 

MEMO
姉妹ブランドには家族写真専門のスタジオキャラットがあります。

 

東京装苑 (門前仲町)

 

 

和装前撮り専門のフォトスタジオ。和装専門だけあり和装用のメイクやヘアメイク技術が高く、美しい着付けを丁寧におこなってくれます。

 

和装撮影には欠かせない「振り付け」技術を全写真家が習得しているので安心して撮影を任せられます。

 

MEMO
正絹・刺繍・箔を使用した本格衣裳から小物まで品揃えも豊富、衣装選びは全て当日に行い事前の来店も必要ありません。

 

スタジオアーク (渋谷・錦糸町・横浜・心斎橋・神戸・京都・堺ほか)

 

 

衣装やヘアメイクはもちろん、特に“おふたりらしい”表情を残していただくという点にこだわる写真スタジオです。

 

トレンドを押さえたフレッシュな衣装が和装・洋装ともにバリエーション豊かに揃っています。

 

価格もリーズナブルで、平日利用の特典にはウェルカムボードプレゼントや自撮りタイムなどもありいっそうお得です。

 

BRUME BLANC (自由が丘)

 

 

有名ブランドの広告フォトグラファーが、最高にお洒落で可愛いウェディングフォトを撮影してくれるスタジオです。

 

フォトグラファーを始めヘアメイクアーティスト、フラワーアーティストなど全てのスタッフが第一線で活躍している本物のクリエイターチームです。

 

MEMO
動画プランを選べば、プロによる本格的なウェディングプロモーションムービーの撮影もできます。

 

ラヴィファクトリー (表参道・横浜・千葉・大阪・神戸・札幌ほか全国多数)

 

 

カメラマンの在籍数が業界トップ、全国に幅広くスタジオを持つウェディングフォトスタジオです。

 

200名をこえるブライダルカメラマンが在籍していて、おふたりの好みに合ったカメラマンを指名して撮影をお願いできます。

 

国内外での人気ロケーションでの撮影も可能で、撮影場所の許可・確認を自身で行えば決まった場所以外でも撮影OKです。

 


スポンサードリンク

マイナビバナー

結婚式の前撮りのまとめ

前撮り お手軽 おすすめ

 

じっくりしっかり、おふたりのイメージを大切に撮影したいなら前撮りは必須です。

 

ムービーなどその後の結婚準備の色々なポイントに積極的に使えば、結婚式の統一イメージもはかりやすいでしょう。

 

しんぷちゃん
今は個性豊かなスタジオもたくさんあるんで、好みのところを見つけましょう!

 

 

▼次はこちら!

結婚式 プロフィールムービー おすすめ 人気 業者結婚式プロフィールムービー人気のおすすめ業者比較10選!【2019版】